-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-28 00:09 | カテゴリ:心のはなし(パパ)
ジャンル:学校・教育 テーマ:子育て・教育
水曜日のTV、「ザ!世界仰天ニュース」を途中から見たんですが・・・

モンスターペアレントの話をやってました。


TV的に多少オーバーにやってるんだろうとは思いましたが、
「まさか!」と思うような親は実際いてるんですね。

凄い親をクローズアップするため、演出的にも偏った内容にも
見えました。
多少、学校側にも非があるところもあるんでしょうけど・・・。

ただ、今回の理不尽な要求をする内容を見て
いつからこんな親が増えたのかなと思います。
私が子供の頃にいちいち親が出てくることは無かったはず。

当時中学生の頃、野球部に所属していた私は監督にシバかれ、
あごがはずれてあまりの痛みに半泣きで家に帰ると、
「お前が悪い」と親父に怒られたものです。
「どんどんシバいたって下さい」、「根性鍛え直してください」と
親が先生にお願いしてるほうが当たり前やったような気がします。


まぁ昔とは違うんでそれはさておき・・・。

今回のTVに関わらず、モンスターペアレントの話題は興味深いものです。
ウチは大丈夫やからと安心せず、そんな考えの大人が実際存在してると
思うと学校側に同情してしまいます。

モンスターペアレントの共通点は一言でいうと『甘え』でしょうね。
集団生活に馴染めない、ルールを守れない・・・。
親が教えることを学校に任せ、できないことは学校の責任にする。
きっちり教えることができない親ほど人のせいにする。
甘えてますよね。

子供のためにと思う気持ちが強すぎてエスカレートする。

番組内の我が子しか見えないモンスターでもあったように
わざわざ介入する親が実際いてました。
何かの発表会でやりたくない役に当りその子供は嫌がり、
それを見た親は学校に詰め寄り、役をはずしてもらったみたいです。

子供が嫌がってるからと親が子供の世界に入り込み、逃げる道を
親が作ってあげる。守ってあげてるつもりでもそれは子供の世界では
ただの逃げ道で、しかも親が作っただけであって自分では何の解決も
できていない。
そんな子が同じように親になったら我が子にどんな教育すんねん!
親の曲がったエゴで育つ子供は哀れです。
子供にもプライドがあって人の手を借りずに解決したいと思うものです。
結果がどうであれ、それが成長であって親の手助けは成長じゃないです。

だからといってそんな親に忠告のつもりで話をしても聞き入れません。
自分が正しいと思うばっかりで間違えを認めませんね。
大人になるとひねくれた根性を直すことは難しいですが、
子供はいくらでも直すことができるのにと・・・。

一般にモンスターペアレントと呼ばれる人の
学校』というものに対するとらえ方の違いは感じます。
「金払って預けてる」、これを念頭に考えて理不尽な要求をする人が
いてるのは事実ですね。
おいおい、義務教育に何言ってんねんと腹立たしくなる話も多いです。
ほんと同じ親として情けない限りです。

逆ギレ当たり前のモンスター」 でも
先生に対して逆ギレする人は稀なこととは思いますが、実際、参観中に
お喋りをし続ける人はいてますね。
そんな非常識なことをする人やから逆ギレもできるんでしょうね。

TVで流れるまさかの出来事が似たようなことで近くで起きています。

こんな親のせいで教育が変わってきてるのかも分りませんね。
偉そうなことをいう自分も何かを感じ考えていかなければいけません。


学校と保護者と地域が一つになって子供を育てたあの頃の教育は
遠い時代の話になったんでしょうかね~。 




                ↓↓ 三姉妹の応援おねがいします ↓↓  

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ 


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://lightpaddle.blog129.fc2.com/tb.php/69-a7d6e370
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.new {color:red; font-weight:bolder;}